どんなドッグフードにもデメリットがある?

どんなドッグフードにもデメリットがある?

昔に比べて一般に市販されているドッグフードも質が向上しているため、ドッグフードを食べさせていれば栄養バランスが偏る事もなく安心です。
しかしドッグフードにもデメリットは存在しますし、100%完璧なドッグフードを探すのは難しいでしょう。

ドッグフードには市販されている物、手作りをした物の2種類があります。
両方ともメリットがありますが、残念ながらデメリットも存在してしまいます。

市販されている物は安価な物ほど添加物や肉副産物などが使用されているので、犬の健康を考えた時、安全性という面ではデメリットがあります。
犬には動物性タンパク質が必要ですが、コストが高くなるため安価で入手しやすい穀物を多く使用します。犬は穀物の消化が苦手なため、体に負担をかける事になってしまいます。
無添加のドッグフードは安全で犬にもメリットが多くなりますが、材料にこだわるため価格が高くなってしまいます。添加物を使用しないため、長期保存ができずまとめ買いなどができない不便さはデメリットです。

市販されている物でも、無添加とかオーガニック、100%天然由来の成分を使用と書いてあれば安心できますが、表示義務がない成分は実際に何がどのくらい使われているかが把握出来ません。
ここは業者の提供する情報を信用するしかありませんが、100%安全、安心という事でもないのはデメリットです。

犬の健康を考えて自分で手作りする事もできますが、これにもデメリットは存在します。
材料などはすべて飼い主が吟味できるので安心ですが、どうしても栄養バランスが偏ってしまいます。
犬も年齢に応じてドッグフードの種類を変えていく必要があるため、手作りをする場合も年齢や体調に合わせて変えていかなくてはいけません。
栄養バランスを考えて作ったとしても、それを毎日続けるのはかなりの苦労です。

手作りのフードを販売している業者もいます。
しかし既に完成した物が届くため、どんな材料が使われていて、どのように作るのかを自分の目で確認できないのはデメリットになってしまいます。

どんなドッグフードにもデメリットはありますが、それを理解した上で取り入れる事が大切です。