大食いな犬が満足してくれるドッグフードとは

大食いな犬が満足してくれるドッグフードとは

なかには小食の犬もいますが、ほとんどの場合犬は本能でたくさん食べようとします。
しかし欲しがるだけ食べさせてしまうと肥満になり、そこから来る病気のリスクを高めてしまいます。
大食いの犬の食事はどうしたらいいのでしょうか。

犬にも個体差はありますから、すべての犬が食器の中のドッグフードをあっという間に平らげてしまうわけではありません。
しかし多くの場合犬は本能でたくさん食べる習性がありますから、欲しがるだけ与えていると肥満犬になってしまいます。

大食いの犬、常に食欲旺盛な犬の場合は、必要なカロリーを満たしているかがポイントになります。
例えば人間の場合で考えてみましょう。
たくさん食べてもカロリーや栄養価が低いモヤシでは、お腹いっぱいになりませんし、なったとしてもすぐにお腹がすいてしまいます。
犬も同じで栄養価が低いドッグフードだと、食欲を満たすために沢山欲しがります。
こういう場合は少し栄養価の高いドッグフードに変えるのも良い方法です。

1日1食では空腹の時間が長くなるため、胃液が出たりストレスがたまったりして犬の体にもよくありません。
最低でも1日2回は食べさせましょう。
回数を増やすと太ると勘違いする事がありますが、1日に食べる量を分ければ太る事はありません。
与えるドッグフードの量はそのままにして、かさ増しをするために鶏のササミや細かく刻んで柔らかくゆでた野菜を混ぜるのもおすすめです。
量が増えるとたくさん食べた気になるので、食欲旺盛な犬も満足できます。

もう一つの方法としては、ドッグフードをふやかして食べさせるという方法があります。
ドライフードを食たべて、水を飲めばおなかの中で膨れるので満腹感を得られます。
しかしそうなるまでに時間がかかるので、最初からふやかして食べさせれば早く満腹になります。
ふやかす事で量が増えるので、犬もたくさん食べている気になって満足してくれます。
この方法で食事の回数を増やすのもおすすめです。

食欲旺盛なのは良い事ですが、犬も食べ過ぎれば健康に支障が出ます。
食事はドッグフードを工夫して満足させてあげましょう。