良質と呼ばれるドッグフードの特徴

良質と呼ばれるドッグフードの特徴

ドッグフードを選ぶ時にはパッケージに記載されている内容を見て決めるか、メーカーのホームページを見て決めるのが一般的です。
しかしこれだけで良質なドッグフードと判断してしまっていいのでしょうか。

良質なドッグフードを見極める判断基準は価格だけではありません。
材料を厳選している、と書いてあっても添加物や犬が苦手な穀物を多く使用している物はあまり良質とは言えません。

良質のフードを見極める一番わかりやすい方法は、飼い主さんが味見出来るかどうかです。
犬は人間のように濃い味付けを必要としませんので、犬用の食べ物を食べると味がほとんどしません。
ここはメーカーが公表している情報を信用するしかありませんが、肉副産物や本来廃棄するような肉を使っている物は避けておくべきでしょう。

安価なドッグフードの多くは、防腐剤や着色料を使用しています。
なかには発がん性があって人間には使用を認めていない物が含まれる事もありますので、着色料や防腐剤を使用している物は避けるべき対象と覚えておいてください。
良質のフードは、価格が高めだからという理由で安価な物を選ぶ事があります。
こういう場合はできるだけ最低限の量に抑えている物を選びましょう。

人間の食べ物は国産が安心というイメージもありますが、ドッグフードに関してはペット先進国と言われる外国産の方が安全基準が高く良質の物が多いです。
特にドイツのドッグフードは高品質で有名です。
国産であまり良い物が見つからない場合は、欧州のペット先進国で作られた物をチェックしてみるのもおすすめです。
栄養バランスが整っているか、消化吸収率が良いかどうか、嗜好性なども考えてある物が理想です。
外国産のドッグフードを購入する時は、正規輸入品を選びましょう。
ただし並行輸入品は日本に運ぶまでの時間が長いとドッグフードの質が劣化する事があるので注意です。

値段が高く、プレミアムと書いてあれば良質であるという事ではありません。
原材料や加工方法まで細かくチェックするのが理想です。