ドッグフードにリコールがある?

ドッグフードにリコールがある?

リコールというのは車や家電ではよくある事ですが、実はドッグフードにも過去にリコール騒動があり全世界で注目されました。
リコールは何らかの欠陥があるという事ですから、こういう場合は返品するのが一番です。

普通に店に行って買うドッグフードは安全性が確認されている物ですから、まさか愛犬を危険にさらす事になるとは思いもしません。
しかし過去にはドッグフードでのリコールがあり、かなり危険な成分が混入されていたというケースもありました。

ドッグフードのリコールで世界的に注目され話題になったのは、中国産の物です。
有毒な事で知られるメラミンが混入しており、知らずにそれを食べた多くのペットが犠牲になっています。
事の発端はアメリカで肝臓や腎臓を悪くするペットが急増した事でした。
調べたところそれらのペットに共通していたのは、中国産のペットフードを食べていた事です。
しかし検査をしても原因が特定できず、すぐにはリコール対象にはなりませんでした。
その後も病気になるペットが続出した事から、他の機関が検査を行いメラミンが混入していた事を突き止めリコールになったのです。

リコールというのは、メーカーが自主的に回収や返金を行う事ですから、法律で決められていない限りは対応出来ません。
あくまでメーカーが自主的に回収する事が前提です。
アメリカでのリコール騒動以前は法律が定められていませんでしたが、この騒動以降は法律が施工され強制的に回収できるようになっています。
ただしこれはアメリカでの場合です。

日本でも有名メーカーが、使用していないとしていた成分を使用していた事から、リコール対象になった事がありました。
アメリカで起きたリコール騒動の対象となったペットフードは日本でも販売されていて、犠牲になったペットは少なくありません。
これを受け日本ではペットフード安全法という法律が導入されました。
これに違反すれば農林水産大臣や環境大臣がリコールの措置を命ずる事ができます。

リコール対象になっている物はネットで公表されていますから、調べる事ができます。
ドッグフードの法的な安全性についても知っておきましょう。
愛犬の安全のためにも、リコールとなった物は避けておいたほうがいいでしょう。