食べたドッグフードを嘔吐したらどうすればいい?

食べたドッグフードを嘔吐したらどうすればいい?

犬がドッグフードを食べてすぐに嘔吐した時、必ずなにか原因があります。
まずは嘔吐物を確認し、その後犬の体温や様子を確認しましょう。
嘔吐物や前後の様子から、ある程度犬の健康状態を予測できます。

犬が嘔吐する原因としては、食べ過ぎ、病気が考えられます。
神経質な犬はいたずらをして叱られた事が原因で嘔吐してしまう事もありますが、基本的に吐いた後に元気でいつもと変わらないなら、胃がびっくりしただけの事が多いのでそれほど心配ありません。
ただし毎回食後に吐くような場合はドッグフードが合っていない可能性がありますので、種類を変えてみるのもいいかもしれません。
年齢によってドッグフードの種類を変える時に、新しいフードに馴染めず吐いてしまう事はよくあります。
こういう場合は割合を少しずつ変えて、慣らしていけば大丈夫です。

食事の回数が1日に1回という場合は、空腹時間が長くなるため胃液が出ています。
吐いた物に黄色い泡が含まれている時は、空腹のため胃液が出すぎてしまい吐く事があります。
胃液や胆汁が逆流すると頻繁に吐く事があるので、食事の回数を増やして、空腹の時間を減らせば改善する事があります。

嘔吐しても特に問題なくケロっとしている時は、食べ過ぎて胃がびっくりしているか、ドッグフードが合っていない場合が多いです。
しかし嘔吐した後にぐったりしているような場合は、病気や感染症の可能性が高いので、すぐに動物病院に連れて行きましょう。
嘔吐物に血が混ざっている場合は緊急性が高いので、飼い主では判断出来ません。
フードの原型をとどめていない消化された状態で、嘔吐物が黒い場合も何らかの病気の可能性が高いので、できるだけ早く病院に連れて行きましょう。

嘔吐した原因が分かればそれに応じて対処できます。
病気などの場合は治療をすれば回復していきますが、絶食という指示があった場合はドッグフードは食べさせません。
絶食後に食べさせる時は急に食べるとまた嘔吐する可能性があるので、消化がよくなるようにフードをふやかしてから食べさせます。

犬が吐く時には必ず原因があります。原因によって対処法は異なりますから、まずは原因をチェックする事が大切です。