開封後のドッグフードは密閉保存すべき

開封後のドッグフードは密閉保存すべき

ドッグフードを選ぶ時は愛犬の健康を考えて、無添加で体にやさしい物を選びます。
しかし無添加なフードは、保存料等を使用していないため賞味期限は限られます。
開封後は密閉保存するなど工夫をしておかないと、食べきるまでにカビは生えたり、フードが傷む事もあります。

ドッグフードは消費量によって選ぶサイズも違ってきますが、まとめ買いや大袋で購入したほうが値段が安くなるので、まとめ買いや大袋で購入する事も多いと思います。
しかし食べ物である以上は賞味期限があり、保存方法が悪ければフードは劣化します。
もしも封を開けたまま長期間常温で置いておいても、全く問題ないという場合は、大量の防腐剤や防カビ剤を使用している可能性があるので、良いドッグフードとは言えません。

基本的にドッグフードは人間の食べ物と同じように考えます。
高温多湿、直射日光を避け、密閉した状態でドッグフードを保存します。
小分けにされている物は、開封後密閉ができるビニール袋に入れておいてもいいですし、ペットフード用の密閉容器で保存してもOKです。
湿気が多い梅雨や気温が高くなる夏の時期は、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存すると安心です。

ドッグフードのパッケージには賞味期限が記載されていますが、これも人間の食べ物と同じで開封後はできるだけ早く使い切る事が大切です。
どんなサイズでも開封後は1ヶ月以内に食べきるようにするのが理想ですが、大袋で食べきれない場合は、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存し、賞味期限内に使い切りましょう。
ドライフードでもこの方法がベストですが、缶詰やウエットフードは傷むのも早いので開封後は1日か2日以内に使い切る、保存は密閉容器で冷蔵庫が基本です。
もしも量が多く食べきれない時は、冷凍してもOKです。

無添加やオーガニックなど安心と思えるドッグフードほど、賞味期限は短くなります。
一般的には製造してから1年以内に食べきるように設定されていますので、なるべく賞味期限までの残りが短い物よりも、長い物を選ぶようにするといいかもしれません。

ドッグフードは種類にかかわらず、開封後は密閉して保存する事が大切です。