犬の健康を考えたドッグフードとは

犬の健康を考えたドッグフードとは

犬は元々肉食動物ですから、肉を中心とした食事が理想です。
良質のドッグフードになるほど肉を多く使用していますが、栄養バランスも重要であり、犬種や年齢、運動量によっても必要な栄養素は変わってきます。

愛犬の健康を考えるにあたり、ドッグフード選びはとても重要です。
選ぶ基準は飼い主により異なりますが、犬の年齢、犬種、運動量によって必要な栄養素は変わりますので、必要な量を満たしているかを考えます。
犬は動物性タンパク質が必要ですが、野菜や穀物はあまり必要としません。
ただし肉だけを使ってドッグフードを作るのは難しいため、穀物や野菜を使用する事になります。
健康を考えるなら、できるだけ穀物や野菜は少ないほうがベストです。

犬は人よりも成長が早いので、1歳で大人になります。
しかし1歳までは成長期ですから、骨や筋肉、内臓を作るためには栄養価が高い子犬用のフードを食べさせます。
1歳からは成犬となりますから、徐々に成犬用のフードに切り替えていきます。
この時も犬に必要な栄養素を考えて選びます。
最近は犬種ごとに最適な栄養バランスを考えたフードも増えていますから、犬種に合ったドッグフードを選ぶのも良い方法です。
年齢とともに必要な栄養素も異なりますし、消化力なども落ちていくので高齢犬には消化しやすいフードと、必要な栄養素を考えた高齢犬用のフードを選びます。

犬により体の大きさが違いますが、普通のペットとして暮らしている分には犬種や年齢にあったドッグフードを食べていれば大丈夫です。
猟犬や競技犬など運動量が多い犬には、たくさんの栄養が必要となります。
このように犬種により必要な栄養素も異なりますから、自分の犬にとって何がベストであるかを見極める事も大切です。
より豊富な利用が必要な場合は、ドライフードに缶詰をプラスしたり、手作りフードをプラスするという工夫も取り入れていきましょう。

犬にはなんでもドッグフードを食べさせていれば良いというものではなく、その犬に合ったドッグフードである事が重要です。