ドッグフードの低脂肪タイプのメリット

ドッグフードの低脂肪タイプのメリット

ドッグフードにもいくつか種類があり、その中に低脂肪タイプというのがあります。
その名の通り脂肪分を控えめにしているのですが、これを必要とするのは肥満犬やダイエットを必要とする犬だけです。

犬は本来肉食動物ですから、動物性タンパク質が豊富な肉が体に合っています。
ただし肉だけでドッグフードを作るのはコスト面や材料を入手するという点でも難しくなるため、犬にはあまり必要ではない穀物や野菜を使います。
低脂肪のドッグフードはカロリー控えめにするため、犬に必要な栄養が不足する事があります。
さらにはカロリーの低い穀物が多くなるため、穀物を消化するのが苦手な犬は栄養を吸収できなくなってしまいます。
ダイエットが必要な場合は、獣医師に相談してから取り組む事が大切です。

低脂肪のドッグフードを食べる事のメリットは、肥満から来る様々な病気のリスクを軽減できる事です。
ただし食事を減らすだけではダイエット出来ませんから、散歩やボール遊びをする時間を増やすなど運動量も増やしましょう。
低脂肪のフードでも質の良いタンパク質が含まれていれば、栄養不足になる心配はありません。

食欲旺盛で散歩嫌いという犬は太りやすいので、肥満向けに作られた低脂肪のドッグフードを与えると良いでしょう。
避妊手術や去勢手術をしていると、ホルモンバランスが乱れるので普通に食事をしていても太りやすくなります。
こういう場合も低脂肪のドッグフードはおすすめです。
ただし極端に栄養を制限するのも健康に影響が出ますので、高タンパクで低カロリーである事を重視してください。

基本的に犬は穀物の消化が苦手ですが、唯一大麦だけは消化しやすいので大麦を使用している低脂肪のフードは体への負担も軽減できますし、食物繊維が豊富だから腹持ちも良くなります。
犬にも個体差がありますから、体重だけで判断せず、骨格や筋肉量なども考慮してください。

犬にダイエットが必要になった時は、低脂肪のドッグフードがおすすめです。
ただし犬の体に負担をかけすぎないよう、栄養バランスには十分注意してください。