尿結石に悩んだ犬に与えるドッグフード

尿結石に悩んだ犬に与えるドッグフード

犬には動物性タンパク質が欠かせませんが、他にもビタミンやミネラルといった栄養は必要ですから、栄養バランスが整ったドッグフードを選びましょう。
ミネラルが多すぎると尿結石のリスクを高めますし、治療をしても再発しやすいので注意が必要です。

犬が尿結石になるのは遺伝や体質も関係していますが、病気の一番の原因はドッグフードです。
種類にもよりますが、ミネラルを多く含むドッグフードは避けておいたほうがいいかもしれません。
またフードは注意していても、おやつにミネラルが多く含まれる物もNGとなります。
トイレをしたい時にできない事や運動不足も原因となります。
犬の健康のためにミネラルウォーターを飲ませる事がありますが、これもNGとなるので注意してください。
水道水を沸かして冷ました物か、犬用の水を飲ませます。

尿結石の犬にはロイヤルカナンのpHコントロールドッグフードがおすすめです。
尿結石用のドッグフードは動物病院にも売っていますし、ネットでも購入する事ができます。
ストルバイト尿結石の場合は、療法食により石を溶かす事もできます。
石の大きさや数は異なりますが、小さい石なら手術はせずに療法食だけで対処する事もあります。
再発しやすいため、その後も療法食を続ける事で治療と予防が可能になります。

シュウ酸カルシウム結石の場合は、療法食では溶かせませんから、石が大きい場合は手術で除去します。
術後も再発しやすいため、pHコントロールの療法食を続けますが、この場合は予防として続けます。

pHコントロールの療法食を食べると水を飲む量が増えますので、常に新鮮な水と、トイレができる環境を整える事が大切です。
ドッグフードに療法食を与えている場合は、基本的にドッグフードと水以外は与えません。
おやつを与えたくなりますが、せっかくpHコントロールをしているのに意味がなくなってしまいますし、おやつにミネラルが含まれていると再発のリスクを高めます。

尿結石の予防には適度な運動も欠かせません。
運動量が増えると水を飲む機会も増えるので、水をあまり飲まない犬には運動量を増やすなどしてみましょう。

尿結石は完治しても再発しやすいので、一度療法食を選んだらその後も続け、定期的な尿検査もしていきます。